2013年06月11日

作業日報管理ツール汎用化に向けて

サカムです。

現代林業6月号でも書かせいただきましたが、H森組様向けに開発してきたシステムをより多くの方に使用していただけるように汎用化を進めています。

ソフト名は、Logging Management Visualizer
略して、LMV (エルエムブイ)
日本語なら、素材生産管理見える化システム。

下記のサイトからLMVデモ版がダウンロードできるようになりました。
http://box-lab.net

搭載機能の説明、操作方法を収録したユーザーズガイドも付属しています。ぜひお試しください。
ご意見・ご感想お待ちしております。

pen2.jpg


posted by サカム at 14:35| Comment(0) | [開発] LMV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

現代林業6月号へ寄稿させていただきました

サカムです。

4月からばたばたと動いてましたが、大きなことの一つは、「現代林業6月号」の”レポート”というコーナーで、これまで作ってきた作業管理ツールについて書かせていただいたことです。

きっかけは、H森組様へ卒業のご挨拶に伺った際に「一般への普及を考えるか?」という話になったことです。まずは、雑誌に取り上げてもらおうという話になり、現代林業を紹介いただきました。

6月号に載せてもらえることになったのですが、原稿の締め切りまでは2週間足らず。。実は6月号と言っても、5月中旬には皆様のお手元に届くのでした。

最初は、卒業研究の内容に沿った文章を書いたのですが、研究内容とシステムの紹介が混在し、よく分からないものになってしまいました。そこからがプロの登場です。編集部に全面的に見直していただき、ようやくまとめることができたのでした。

さすがプロ!

さらにH森組様、アカデミーの先生にもいろいろとお手伝いいただいています。4ページに何人関わっていただいたのか。ただただ恐縮するばかりです。

少々時期尚早な気もしたのですが、貴重な経験をすることができました。
現在普及に向けた準備を進めていますので、また改めて報告させていただきます。

gr13_06.jpg

posted by サカム at 21:57| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

見える化のポイントと位置づけ

サカムです。

先日は、卒業研究の発表でした。
研究テーマは、「組織活性のための見える化システムの構築」。
このブログでも取り上げてきた作業日報管理ツールのことをまとめました。

発表では、見える化について抑えるべき点と林業経営における情報管理と見える化の位置づけについて話しました。

見える化のポイントは、4つあります。

ぱっと見て分かること
  誰が見ても理解できる客観的な情報でなければならない
「今」が分かること
  常に最新の情報が使われていなければならない
誰でも見れること
  情報は役職に関係なく全員が共有できるようにしなければならない
簡単にできること
  毎日やり続けられるような仕組みを作らなければならない

そして、情報管理の仕組みと見える化は、「情報」という経営資源をもたらす経営基盤だと思います。経営基盤をしっかり整備し、情報を活用することによって、経営力を強化し、経営を安定化させることができるのではないでしょうか。

H森組様と相談し、卒業後も開発を続けていくことになりました。まだまだ、進化させていきたいと考えています。

作業日報のデータを用いて改善活動や生産性向上の取り組みを行っているところは、全国にたくさんあるかと思います。うまくいっているところとか、いってないところとか、いろいろと意見交換させていただければと思っています。

kohyokai_20130218_640_443_2.png
posted by サカム at 21:51| Comment(0) | [開発] 作業日報管理ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。